トップページに戻る

Intelligent Drive

自動運転に大きく近づいたインテリジェントドライブが叶えるメルセデス最高峰の安心と快適。

安全性、快適性、ストレス軽減を、高度な次元で統合するのが、
インテリジェントドライブ。新型Sクラスは、
最先端テクノロジーを惜しみなく注ぎ込むことで、
究極の未来に近づく、大きな飛躍を果たしました。
それはまさにネクストレベルのインテリジェントドライブ。
自動車が手にする革新的な知性によって、
かつてないレベルの安全で快適なドライビングがご体感いただけます。

  • #1アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシスト 最適な車間距離を自動でキープし、車線維持もサポート。

    アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック
    (自動再発進機能付)

    アクティブステアリングアシスト

    アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)は、高速走行から渋滞時まで、前走車との最適な距離をキープします。さらにアクティブステアリングアシストは、車線のカーブと前走車を、車線が不明瞭な道ではガードレールなどを認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシストします。

    ※アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシストで、自動運転はできません。両手がステアリングから一定時間以上離れていると警告音が鳴り、ドライバーが反応せず、さらに警告が繰り返されると、自動で減速し、停止します。

  • #2アクティブレーンチェンジングアシスト 車線変更をアシストする

    アクティブステアリングアシストがONのとき、移動したい車線側のウインカーを点滅させると、車両周囲を監視しているレーダーセンサーが他のクルマなどとの衝突の危険がないことを確認。ステアリング操作のアシストによって、車線変更をサポートします。

    ※アクティブステアリングアシストがONのときに作動します。
    ※車両が高速道路上と認識している場合のみ作動します。

  • #3アクティブレーンキーピングアシスト 疲労や不注意による車線逸脱を防止する

    フロントウインドウのステレオマルチパーパスカメラが車線を検出し、フロントホイールが走行車線を越えたと判断するとステアリングを断続的に微振動させてドライバーに警告。ドライバーが反応しない場合は自動補正ブレーキによって車両を車線内に戻そうとします。

  • #4アクティブブレーキアシスト(歩行者検知機能付) 衝突回避能力がさらに進化した

    前走車、前を横切るクルマや合流してくるクルマ、歩行者、路上の物体などとの衝突の危険性を感知すると、ディスプレイ表示や音でドライバーに警告。ドライバーがブレーキを踏むと、必要な場合はシステムが衝突を回避するための強力な制動力を発揮できるようブレーキ圧を高めます。ドライバーが反応しない場合、最大のブレーキ力で自動緊急ブレーキが作動します。

    ※アクティブブレーキアシストは、約7~250km/h(歩行者検知機能は約7~70km/h、静止した障害物に対しては約7~100km/h)の範囲で前方の車両や障害物と衝突する可能性があると判断した場合に作動し、自動的に減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。ただし、歩行者や小型の障害物には反応しない場合があります。また、路面状態(雨で濡れているなど)や気象等(雨や霧など)の条件によってはシステムが作動しない、もしくは作動しても十分な制動力が得られない場合があります。

  • #5渋滞時緊急ブレーキ機能 ふいに現れた渋滞後尾への衝突回避を図る

    渋滞の後尾車両との衝突の危険を検知して、その左右などに回避スペースがないと判断すると、即座に自動ブレーキが作動。衝突回避または被害軽減を図ります。

    ※渋滞時緊急ブレーキ機能は、約100km/h 以下であれば、衝突回避に十分な制動力を得ることが可能なシステムですが、気象(雨や雪など)や車間距離などの道路交通状況により、衝突を回避できない場合があります。

  • #6緊急回避補助システム 緊急時のステアリング回避をアシストする

    車両前方にいる車道横断中の歩行者などとの衝突の危険を検知すると、システムが正確なステアリングトルクを計算して、ドライバーのステアリング操作をアシスト。回避後も走行していた車線をスムーズに走り続けられるように挙動の安定化もサポートします。

    ※緊急回避補助システムはドライバーがステアリングの緊急操作を行うことで作動する機能です。自動的には作動しませんのでご注意ください。

  • #7トラフィックサインアシスト 制限速度を教えてくれる

    一般道や高速道路を走行中、カメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに表示。制限速度を超えた場合は、警告音によってドライバーに注意を促します。初めての道でも、安心して走ることができます。

    ※標識の検知は、道路状況や気象状況、標識の種類などによって、正しく作動しない場合があります。必ず目視による確認をお願いいたします。

  • #8明るく広範囲の正確な視界を実現する 最先端のマルチビームLED(ウルトラハイビーム付)

    ステレオカメラで前方の交通状況を検知。さらに、片側84個のハイパフォーマンスLEDを瞬時に個別に制御することで、前走車などのドライバーを眩惑せずに、より広い範囲を明るく正確に照射し続けます。さらに、前走車や対向車がいない場合に、最長約650mを自動で照射するウルトラハイビームを新たに搭載しました。

    ※マルチビームLEDのウルトラハイビームは、約40km/h以上で作動します。

  • #9アクティブブラインドスポットアシスト 安全な車線変更をサポートする

    都市や高速道路などの走行時に、リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアに車両や自転車がいることを警告します。さらに、側面衝突の危険があるときはブレーキを自動制御して、危険回避をサポートします。

  • #10アクティブエマージェンシーストップアシスト もしもの場合に、クルマを安全に停止させる

    アクティブステアリングアシストがONのとき、両手がステアリングから離れているのをシステムが検知すると、警告音が鳴り、ドライバーが反応しない場合は、さらに警告音を鳴らしながら、緩やかに減速して完全に停止します。

※レーダーセーフティパッケージはドライバーの安全運転を前提としたシステムで、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。このシステムは走行中の状況により、認識性能・制御性能に限界がありますので、システムだけに頼った運転は行わず、安全運転を心がけてください。レーダーセーフティパッケージをご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。